会長あいさつ


大会会長:志田和浩

 2011年3月11日14時46分18秒宮城県牡鹿半島の東南東沖を震源とするマグニチュード9の東北地方太平洋沖地震が発生しました。この地震により、巨大な津波が発生し、東北地方と関東地方の太平洋沿岸部に壊滅的な被害が生じました。いわゆる東日本大震災です。未曾有の大震災に心を痛めた方も多かったと思います。


 そんな中、我々歯科技工界から一人の男が立ち上がりました。山本眞氏です。氏の声かけに多くの歯科技工士が賛同し駆けつけてくれました。そうして立ち上がったのが東日本大震災復興支援チャリティー講演会です。私と氏との出会いは国際デンタルラボテックスクールの時でした。『ザメタルセラミックス』という一冊の本に衝撃を受け感銘し、幸運にもその年、氏のライブデモを間近で体験する機会を得ました。その後、現在に至るまで、幾度となく氏とお会いする機会を得られたのは私の技工人生で大きな糧となり指針となったことは言うまでもありません。2012年1月の福岡講演を皮切りに名古屋、大坂、東京と全国4都市においての講演会と7つのハンズオンコースを開催し、延べ1497名の方々に参加して頂きました。全国よりお預かりした寄付金の総額28,181,574円。その全てを『まなべる基金』に寄付させていただいております。


 継続する事に意味がある。あれから4年が経過しました。支援活動が少なくなってきた今、山本眞氏、実行委員の総意でもあった、被災地、東北仙台にて2016年4月16,17日の2日間、東日本大震災復興支援チャリティー講演会を開催いたします。『絆』という大きなメインテーマのもと、歯科技工の未来を考えて行く、全く新しい会にしたいと思っています。素晴らしい演者と企画で皆様をお待ちしております。杜の都仙台でお会いしましょう。


東北支部会長:袴田勝彦

 2011年3月11日、私達はこれまで経験したことがない大地震により身の凍りつくような恐怖と、どうにもならない自然災害の恐ろしさを感じました。あの大震災から4年が経ち、内陸に住んでいる私達はすでに震災前と変わらない生活ができております。沿岸地域の復興も少しずつではありますが進んできております。

 

 しかし、まだ仮設住宅で暮らす方々もおり,同じ県に住みながら不自由な生活を余儀なくされている方々が居られるのが今の現状な事は、皆様もテレビ等でご存知かと思います。震災後、山本 眞 氏が立ち上がって下さり、それに賛同する各支部の実行委員の先生方によって各地域で行われてきたチャリティー講演会が、この度宮城県仙台で開催される事が決定致しました。この仙台開催にあたっては、「東北の歯科技工界を元気付けたい」という山本 眞先生をはじめとする実行委員の熱い思いにより決定した事であり、心から感謝しております。

 

 今回のチャリティー講演会は、東北の技工界では今までに無い規模の世界大会として計画が進められており、間違いなく東北技工界の歴史に残る大会となります。我々東北支部としても是非とも成功させるため一丸となり頑張っていきたいと思います。そして、このチャリティー講演会で得られた収益は全額『まなべる基金』へ寄付されます。まなべる基金とは、被災された高校生の奨学金となるものです。このチャリティー講演会に大勢の方が賛同して参加してくれることを心から願っております。自然災害の大きな力に比べれば、私達人間の力はとても小さなものですが、その一人一人の小さな力こそがこのうえなく大切なものだということを震災を経験して感じています。

 

 当日は万全の準備で皆様をお迎えしたいと思いますので、東北各地からは勿論のこと、全国から多数の皆様のご参加を心からお待ちしております。